energy.

f0085649_019271.jpg
それぞれの名前も知らずに
ただひとひらの花弁の中に見える、
一筋一筋を美しいと思えた。

どこで生まれ、どんな環境で咲き、
どんな風に終わるのか、
自分が何も知らないことに気づかされる。

知識として知りえていたならば、
また違った視点で捉えることができたのだろうが、
動きの鈍い頭では、
視界を狭めることもある。

正しく、とか、より正確に、
といった作業に尽力するより、
ただ、向き合い、それを見ようとすること。

まっすぐに発しているものが、必ずある。
[PR]
by arujiyanon | 2009-01-20 01:09 | 花。
<< もうひとつの空。 写真展のお知らせ。 >>