拝啓、風のような男。

何かをやり遂げたいとか、
こうしていたいんだ、とか
自分でしたいことをはっきりと自覚している人間とって、
僕が気にしてしまう様な問題は、
ベルリンの壁みたいに、派手に壊してナンボのものなのだ。

北の国でリバーガイドしてた、探検部時代の仲間が帰ってきた。

慣れ親しんだ東京を、
停留所みたいな感覚で通り過ぎてゆく。

そんな正直な生き方に伴う痛みを、
たまにさりげなく漏らすもんだから、
だたカッコイイだけでは
片付けられない重みをもった背中。

僕が一年単位で考えることを、
彼は10年単位で考え、

今現在流れる時間の価値を、
自分に与えられた残り時間として受け止める。
f0085649_152482.jpg
そうした姿勢を目の当たりにすると、
口に出して形にしたりしないでも
一生を通じてどのような人間になりたいのか
なんとなく見ててわかるんだ。

難しい漢字読めないとか、
おつむが足りないとか、
お前、狂牛病なんじゃないの、とか

結構、好き勝手言わせてもらってるけど

実はホントに、悔しかったりするんだぞ。
[PR]
by arujiyanon | 2006-03-26 02:00 | 拝啓。
<< 春眠、暁を何とやら。。 その視線の向こう側に。 >>