単身赴任のつぶやき。

f0085649_239657.jpg


「こっちでは、楽しくて、いい時間を過ごしてると思うんけども、
やっぱりオレはあの土地で、オレの家族と暮らそうと決心して家も買ったんよ。
一人だったらずっとこっちで過ごしてもいいんけども、オレにはそういう場所があるけんね」

仕事の業務面での師匠が、ダーツ片手に呟きました。

九州から単身赴任で来ている師匠は、秋には九州に帰る予定です。

社会人生活4年目。
周囲のヒトが垣間見せる人生の詰まった言葉に、やけに敏感になった。

昔は全く気にすることの無かった、
どこかで聞いたようなフレーズのひとつひとつが、重量感を伴って響いてくる。

どれだけ似たような言葉でも、同じ言葉なんて、一つたりとて存在しないのだ。
[PR]
by arujiyanon | 2006-07-30 02:39 | 日々の感想
<< F. 1/365 >>