2009年 02月 15日 ( 1 )

追憶

f0085649_22321761.jpg

週末、実家に帰って昔のアルバムを前に父と母に思い出話を聞いた。
幼稚園を出るまでは、僕は常に姉の後をついて周り、
そのせいで姉は大分苦労していたそうだ。
当然ながら全く記憶はないのだが、
人の口から自分の知らない自分の事を聞くのは、とても不思議な感覚だった。

父の自慢は、子供を一度も迷子にしなかった事だという。
意識的に気をつけていたそうなのだが、こちらとしては初耳だった。

そんな話が、あといくつあるのだろう。

28年間。

時間は、一人で進めてきたのではない。
[PR]
by arujiyanon | 2009-02-15 22:49 | 写真。