きっかけ。

f0085649_2351851.jpg
母の日に紫陽花の鉢植えを贈った。
花が終わっても
庭に植えて育てるという返事があった。
返信メールにあった淡い青という表現が、
僕の使った表現と全く同じで。

来月の父の日には、
スラックスばかり穿いている親父に
デニムでも贈ろうと思った。

こうして何か人に物を贈ろうと考えていると
その人に対する理解が深まる。
そういえば僕は、
親父のサイズなんて全然知らない。
多分似合わないと思うけどね。

改めて確認する二人の年齢に、
二人の歩んできた時間を、想った。

僕の知らないことは、きっと沢山あるのだろう。

スリッパを出された時、違和感を覚えた
家の廊下を、しばらく歩いていない。
[PR]
# by arujiyanon | 2007-05-18 03:10 | 日々の感想

4月某日。

f0085649_1343139.jpg

4月某日。

昔の事を、あまり思い返さないようになっていることに気が付いた日。

これまでとこれから。

足早な4月。

桜を見たのが、随分と前の事の様な気がしている。
[PR]
# by arujiyanon | 2007-05-02 01:54 | 写真。

natural joy.

f0085649_20219.jpg


          As for the flower arrangement that I tried hard in front of all,
          it is it to the flower which everybody knows.
          As for the flower arrangement that I tried hard in the place
          that everybody does not know,
          it is it to a flower without what all watched.

More
[PR]
# by arujiyanon | 2007-04-12 02:25 | 花。

茜空。

f0085649_2472674.jpg

                 夕べの月の 一昨日の残りの 春の匂いで目が覚める

More
[PR]
# by arujiyanon | 2007-03-28 03:45 | 写真。

The thing which it rotates, and go

f0085649_0221177.jpg

                         無窮の彼方へ流れ行く時を、
                      巡る季節で確かに感じることができる。
                    自然とは何と粋な計らいをするのだろうと思う。
                      一年に一度、名残惜しく過ぎ行くものに、
                         この世で何度巡り合えるのか。
                           その回数を数えるほど、
                   人の一生の短さを知ることはないのかも知れない。
 
                                              Hoshino Michio

More
[PR]
# by arujiyanon | 2007-03-08 01:24 | 写真。

Hear a voice of a heart.

f0085649_4425313.jpg

               対象は何でもいい。「初めて」の頃の気持ちを覚えてるだろうか?

               
[PR]
# by arujiyanon | 2007-02-22 05:27 | 写真。